AKGの製品が激安になってたのでK240 Studioを買ってみました

どうも、所持ヘッドホンが2桁に行きそうな勢いのばりっぴです。

今回は、実売価格が昔を知っていると驚きの実売価格6000円台になっていたAKG K240 Studioを買って聴いてみたのでその話になります。

日本の音楽レコーディング現場等ではソニーのMDR-CD900STがモニターヘッドホンのデファクトスタンダードになっていたりしますが、欧米ではこの記事で扱うK240 Studioが圧倒的なシェアを誇っています。

AKGの製品が昔に比べて圧倒的に安くなった背景には、代理店が変わった、と言うのが一番大きいでしょう。昔はどこだったか忘れましたが現在はヒビノインターナショナルとサウンドハウスが正規代理店になっています。ヒビノインターナショナルの売りは3年保証、サウンドハウスの売りは価格の安さ、と言ったところでしょうか。サウンドハウスは自社ECサイトのみでの販売になりますので、その他店舗、ECサイトで購入する場合は必然的にヒビノインターナショナル取り扱いになります。

ソニーのMDR-CD900STやJVCのHA-MX10が「プロ向け商品のため保証期間はありません」と明言しているのに比べて3年の保証があるというのは大きなアドバンテージと言えるので無いでしょうか。

肝心の音の印象に入っていきましょう。「女性ボーカルを聞くならAKG」とは古事記にも書いていた(?)くらいで女性ボーカルにとても合います。中高域の鳴り方は上品でいてしかもしっかりしています。

大昔にK702を持っていた時期があったのですが、その時は「音が上品すぎる」と思ってあまり自分の感性に合わないと思って手放しちゃったんですけど、年を取って今K240 Studioを聞くと「上品ながらもいいじゃないか」と思えるようになりました。

モニターヘッドホン(特にMDR-CD900ST)にありがちな「聞き疲れ」がほぼ無いのもいいですね。モニターヘッドホンには必須な「細かい音も聞こえる」というのは聞き疲れを起こす原因にもなるのですが、適度な音場の広さにより普段使いにもできるほどの聞き疲れのなさです。

幅広く音楽を聴き、またできるだけ出費を抑えたいといった方にはこれがベストチョイスになるのではないでしょうか。ただ、モニターヘッドホンでフラットな音の出方なのでダンスミュージックのような「ビートやベースを感じたい」向きにはちょっと物足りなく感じてしまうかもしれません。

最後に宣伝をして閉じたいと思います。以上ばりっぴでした。