中華イヤホン、KZ AS06で中国の技術力がドンドン上がってるのを実感した話

どうも、無駄遣い月間のばりっぴです。毎日のようにイヤホンが届きます。

今回は中国のKZというブランドのAS06を買って聴いて聞いてみました。

Amazonで買うとこのくらい。時間かかってもいいならGearBestとかAliExpressとかでも買えます。若干安い。と思う。

このイヤホンの恐ろしいところは5000円でBA(バランスド・アーマチュアドライバー)が片耳に3発入っているところです。一昔前なら3万~4万円はしたであろう構成です。なぜ高止まりになるか。それは昔はBAを作っている会社が2社だったか3社しかいなかったからです。だからソニーが自社開発のBAシングル積んで6000円とかで出したときには驚いた物です。

そんな過去を知っているからこそのBA片耳Low Mid Highの3発構成で5000円を切るのはすごいことなのです。

ドライバーはどうやら自社開発らしくて、その辺でお安くできるんでしょうね。

ソニーのシングルBAイヤホンは店頭で試聴しただけで買わずにおり、初BA機がこのAS06で、まあ緊張しながら耳につけて聞いたわけです。

「え、なにこれ、うそ!?」というのが最初の感想。5000円でこれだけ解像度の高い音で、しかも下から上まで過不足無く出てるし、ボーカルはきれいだし。

もうニヤニヤが止まらないわけですよ。こんなの聞かされたらニヤニヤしない方がおかしい。今まで聞いてきたアンダー5k円のイヤホンで名機と呼ばれてきたイヤホン達はなんだったのかと思うくらいにはおかしいです。10k~20k円は取れますよ、というかそのくらいでもお得と思える音を出します。

なんつーか、大昔の日本の「世界に追いつけ追い越せ」をしていたのを今中国がさらにスピードを上げてやっている感がハンパない。安かろう悪かろうの中国はもう無くなりつつありますね…。

ということでみんな買おう。以上ばりっぴでした。