中華イヤホン、KZ AS06で中国の技術力がドンドン上がってるのを実感した話

どうも、無駄遣い月間のばりっぴです。毎日のようにイヤホンが届きます。

今回は中国のKZというブランドのAS06を買って聴いて聞いてみました。

Amazonで買うとこのくらい。時間かかってもいいならGearBestとかAliExpressとかでも買えます。若干安い。と思う。

このイヤホンの恐ろしいところは5000円でBA(バランスド・アーマチュアドライバー)が片耳に3発入っているところです。一昔前なら3万~4万円はしたであろう構成です。なぜ高止まりになるか。それは昔はBAを作っている会社が2社だったか3社しかいなかったからです。だからソニーが自社開発のBAシングル積んで6000円とかで出したときには驚いた物です。

そんな過去を知っているからこそのBA片耳Low Mid Highの3発構成で5000円を切るのはすごいことなのです。

ドライバーはどうやら自社開発らしくて、その辺でお安くできるんでしょうね。

ソニーのシングルBAイヤホンは店頭で試聴しただけで買わずにおり、初BA機がこのAS06で、まあ緊張しながら耳につけて聞いたわけです。

「え、なにこれ、うそ!?」というのが最初の感想。5000円でこれだけ解像度の高い音で、しかも下から上まで過不足無く出てるし、ボーカルはきれいだし。

もうニヤニヤが止まらないわけですよ。こんなの聞かされたらニヤニヤしない方がおかしい。今まで聞いてきたアンダー5k円のイヤホンで名機と呼ばれてきたイヤホン達はなんだったのかと思うくらいにはおかしいです。10k~20k円は取れますよ、というかそのくらいでもお得と思える音を出します。

なんつーか、大昔の日本の「世界に追いつけ追い越せ」をしていたのを今中国がさらにスピードを上げてやっている感がハンパない。安かろう悪かろうの中国はもう無くなりつつありますね…。

ということでみんな買おう。以上ばりっぴでした。

TOSLINKケーブルで迷ったらAUDIOTRAKのGLASS BLACK II Plusを買っておけば間違いは無い!

どうも、勝手に年末進行して更新を頑張っているばりっぴです。

今回はTOSLINKケーブル(いわゆる光ケーブルのオーディオケーブル)のお話。

製品はこちらになります。1.5m。1mと2mもあります。

むかーし、GLASS BLACK IIを買いましてPS3とDACの間につけてました。アップコンバートしてもサンプリングレート192kHzまでちゃんと聞けておっ、やるやんけと思ってました。一般的なプラスチックを使ったTOSLINKケーブルはサンプリングレート96kHzあたりで聞けなくなるんですが当時、こいつだけは違った。192kHzを保証してたんですね。なのでPS3から音源をアップコンバートしても聞けた、と。

それがPlusが付いてどうなったかというとサンプリングレート384kHzまで対応しているとのうたい文句。これは買わなきゃいけないと思って買った次第です。

Windowsから擬似的に192kHzの音を出してみましたが難なく鳴りました。まあ、公称の半分ですからね。それくらいしてくれないと困ります。

小道具として角型コネクタからミニプラグコネクタに変換するアダプタが付いてましたが使わないかなーと。どうせCDくらいしかつながらないし。

後々機器をアップデートしてつながらないというのも困るので大は小を兼ねるということで、奮発していかがでしょうか。以上、ばりっぴでした。

TTRのCR-S1はほんとうに頭の中で音が定位しないのか確かめてみた!

どうも。今日2個目の記事です。ばりっぴです。

本日、TTRっていうメーカーのArtioというブランドのCR-S1というイヤホンが発売になりまして、Amazonから届いた次第です。

売り文句が「まるでスピーカーで聞いているかのように聞こえる」みたいな感じです。

詳しくはAmazonで見ていただくとして、実際どうなのよという話。

頭の中で音が定位されないというとまず最初に思い浮かぶのがULTRASONEのヘッドホンのS-LOGIC。HFI-780を持ってますけど、なかなかよかったです。

あとはドルビーヘッドホン。これも頭の中で音が定位されない技術としてわりかし有名。

とあって、今回のCR-S1は「WARPシステム」なる特許技術を使用して作られた、と。まあ、書いていることを読んでいるとドルビーヘッドホンでやってたことをハードウェア的にやっているように感じられました。

実際聞いてみたところ「あ、なるほど」と。確かに頭内定位は軽減されているな、と。5000円台でできたのはすごいですね。

この値段なら是非という感じです。イヤホンをとっかえひっかえしてみると楽しいかもですね。

以上、ばりっぴでした。

Chromebookの可能性を見た話

どうも、大学にいた頃はオペレーティングシステムの研究室にいたばりっぴです。

ボーナスが入ったので気まぐれでChromebookを買ってみました。モリモリボーナスが消えていきます。

買ったのはHPのHP Chromebook x360 14bっていう型番のやつ。Amazon専売のCeleronモデルでも良かったんですけど、なんとなく色気を出してPentium SilverとかいうCPUのものを買いました。もう2万円足すとCore i3になるらしいです。そこまで出す物でもないかなと思った。

ホントの昔、CromeOSってのが出たての頃に、オープンソース版のChromiumOSを入れて使ってみたことがあったのですが、その頃は「どうせお前らパソコン持っててもWebとメールだけしかしないし、それができりゃいいだろ」みたいなコンセプトと実装がなじまなくて即Windowsに戻した経験があったのですが、最近のChromeOSは「Google Playストアのアプリが動かせる」というのを聞きまして、それならば今Androidのエコシステムに乗っかっている自分には利益があるだろうと思いまして買った次第です。

また、買ってから知った機能として「バーチャルマシン(VM)上でLinuxが動く」という物があるのですが、ChromeOS最初からカーネルはLinuxなんですけど、コンセプトというか想定する利用者層が開発者ではなくて開発をしない単なるPCユーザー(アプリケーションが使えれば良い)人たちで、ChromeOSそのものにもGoogle Playストアにもアプリケーションを開発する環境がないのです。IDEしかりコンパイラしかり。

入れちゃったあとの画像でなんですが、

Linux

こんなん。neofetchすると

neofetchの結果

こんなんです。Debianが入るようです。

そもそもの話としてChromeOSってUbuntuからフォークされて開発されていたOSだったのですけど、Wikipediaを見てたらいつの間にかGentoo Linuxからフォークして開発されていました。

で、肝心な使用感ですけど、最近ほとんどのサービスってWebで利用できるようになってて「ああ、これはGoogleに先見の明があったのだな」と思いました。今MS OfficeアプリでさえWebで無料で使える時代ですからね。というかGoogleが率先してWebサービスを作り、いろいろWebでできたら便利じゃないか!という風潮を作り、現在があるという感じですかね。

そしてGoogle Playストアのアプリも動かしてみました。

デレステ

対応してないGPUなのでジャギがすごいですね。でも、

ミリシタ

これすごくないですか?基本的には保証対象外のOSなんで動けば面白いなーくらいにしか思ってなかったんですが、ミリシタの対応する端末リストがあまりに多種多様なのかなと。

また、Google PlayストアのMS Officeも普通に使えました。MS365に入ってるせいか特になにも言われず起動しました。MSアカウントにログインする必要はありますが。私の場合その前にOnedriveとOnenoteを入れてしまっていたのでログイン画面すら出ずに私のアカウントでOnedrive上にある私のMS Officeで作ったコンテンツが出てきました。

まあ、そんなん払うのはイヤだ!って人もGoogleスプレッドシートとかが使えますのでオフィスアプリで困ることはないかと。

是非ですね、皆さんにも体験していただきたいのです。ChromeOSの便利さっていうものを。

日本でも会社のPCがWindows7のサポート終わったから10じゃなくてChromeOSのマシンにしたよって言う大企業もわりかしあって、さらに電算システムという会社が企業のChromeOS導入のサポートをしてくれるらしいです(Wikipedia調べ)。

どうでしょうか。以上ばりっぴでした。

TOPPINGのDX3 Pro LDAC Versionを買って聴いたのでレビューするよ

TOPPING、知ってる人は知ってるオーディオメーカー。TP10という、トライパスのデジタルアンプチップを載せたデジタルアンプを発売して約5000円という価格からするとビックリするようないい音が出てプアオーディオ界では有名になった中国のオーディオメーカーです。

このトライパスのデジタルアンプチップを載せたデジタルアンプというのはトライパスが倒産してチップがタダ同然で出回ってから雨後の竹の子のように中国のいろんなメーカーから出ましたが、私が観測した中では品質が一番良かったのがTOPPINGでした。TOPPINGはトライパスデジタルアンプで得た利益をまっとうな製品開発にお金をかけて、日本メーカーならば倍とか桁が違う値段が付きそうなスペックのオーディオ機器を数多く出しています。

TOPPING DX3 Pro

はい。製品ページはこちら

スペックとかは製品ページを見ていただくとして、実際音を聴いてみてどうだったかという話をしたいと思います。

すごく素直な音を出します。つなぐヘッドホン、イヤホンの違いがよく分かるというか、いいところを聞かせてくれるような気がしています。オーディオなんて主観的な物なのでアレなんですけど、24000円でこれ以上のヘッドホンアンプ付DACはそうそう出ないと思いました。出力が3.5mmミニプラグなのも普段使いのイヤホンをそのまま使えていいですね。DACとしても22.4MHzのDSD(DSD512)まで対応している。

パソコンを持っていたらUSBでこれにつないで、LINE OUTからパワードスピーカー(アクティブスピーカー)をつなげればもうシステムが完成してしまいます。プリアンプとして働くので音量調節も楽。

面白いと思ったのはLDAC、aptX、aptX HD、AAC、SBCでBluetooth入力に対応しているところですね。スマホから直でこのDACに送れるのでパソコンいらなくなりました。さすがにBluetooth出力には対応していませんが「いい音で音楽聞きたいけどパソコン電源入れるのめんどい」というときはスマホからBT飛ばしてDX3 Proでいい音で聴けます。

オーディオ雑誌の付録のDSD256(11.2MHz)音源があったのでfoobar2000で聴いてみましたが圧巻。なまめかしい。この値段でこの音で聴けていいの?えっ、えっ…はぁ…すごい。ってなりました。

みなさんにも体験して欲しいのでぜひかってみてください

現場からは以上です。ばりっぴでした。

Ampacheという物を入れてみたのでその話

どうも、昨日仕事中に急激に体調不良になり、「すわ、インフルか!?」と思い今日休んで医者行ったら「風邪ですね」と言われたばりっぴです。

一昨日あたりからAmpacheというものを知り、インストールして遊んでみました。

Ampacheってなにかというと一言で言えばWebのメディアプレーヤーです。そのサーバーに入っている楽曲ファイルを読み込んで、ブラウザで再生できるというものです。Linux、Apache2、Mariadb、PHPを使うのでその開発環境を頭文字を取ってLAMPと言いますがAmpacheはそのLAMPを利用してできたプレーヤーと言えます。

これがあることで何が便利なのか。何が便利なんでしょうね…。外向けに作っておけばブラウザがあればどこでも自分の持っている楽曲が聞けるというところでしょうか。スマホで1TBのmicroSDカードが挿せる現代においてはあまりありがたみがないのかもしれません…。Google Play Musicのロッカーみたいなものでしょうか。YT Musicになってどうなるのかわかりませんが、ロッカーが消えたらもしかしたらこのAmpacheが脚光を浴びるかもしれません。

どういうものかは前出のリンク先を見ていただくとして(英語に抵抗がなければ)、使用感をざっくり言わせてもらうと「フォルダツリーが出ない時点でこいつはダメ」です。楽曲をフォルダ管理してるのオタクだけやんみたいな話ですけど、それがあるのと無いのとでは使用感が全然違うと思います。カタログを楽曲フォーマットごとに作ればいいだけの話なんですけど、めんどかった。そしたら重複楽曲が山のように出てきた。OMGですよ。仕方が無いのでカタログを作り直してます。

あと、LinuxだとメディアフォーマットにWMAとかALACとか使ってるとちょっとめんどいかも知れません。案の定WMAファイルが再生できなくて追加でパッケージを入れました。

Ubuntu20.04でのインストールガイドです。外向きに作らないのならSSLは必要ないと思います。あと言うことがあるとすれば、AmpacheのインストールウィザードでMariadbにつなぐ段があるのですがrootだとつながりませんでしたので別途AmpacheのDBに対する権限をすべて持ったDB内のユーザーを作っておくといいかもしれません。

では病み上がりなので今日はこの辺で。ばりっぴでした。

MAKUAKEでクラファンしたKPro01が届いて早速聞いてみたのでその話

どうも、こういうことばっかりしてるから金がないばりっぴです。

大体一週間くらい前にとどいてちょこちょこ聞いてみたので感想です。

KPro01はhttps://www.makuake.com/project/kpro01/にある通り、声優の小岩井ことりさんが「コラボ」にとどまらず開発陣として参加したイヤホンです。

コンセプトとしてはWI-1000XM2みたいなワイヤードでもワイヤレスでも使える「トゥルーワイヤレスイヤホン」。あるようでなかった製品です。接続方式は2Pin。なので、2Pinケーブル持ってるよーって人はシルバーケーブルなしでもいいかもしれません。あ、一般販売も決定してて、これはhttps://www.owltech.co.jp/product/kpro01を適宜見ていただければと思います。一般販売分には充電クレードルも標準装備、だそうです。

接続方式はMMCXという選択肢もあったのですが、熟慮を重ね2Pinにしたとのこと。2PinはPinが結構細く繊細なのですが、まあ実際手に取ってみると2Pinで良かったねと思いました。クレードルを使用しない充電ではこの方がいいなぁと。USB TypeC→充電+有線イヤホンとして使えるケーブルが標準で付いてくるのですが、右左間違えることがなくいいね、と。クラウドファンディングした人向けにもクレードルは販売するらしいので今後はあんまり活躍がなさそうなのですがそれまでは使うことになるので右左間違えないのは重要かなと。

さて、肝心の音質についてですが、シルバーケーブル(銀メッキ)いいねとなりました。ドンシャリとまでは行かないまでもリズムゲームがしやすいようによく聞こえるバスドラと抜けのあるハイハットがなんとも気持ちいいです。

ワイヤレスに関してはaptX、AAC、SBCに対応していて、今Windows 10からつないでいるのでaptX接続になるのです(MS標準のスタックを使うとaptXが標準で入ってるんです)が、無音時にかすかにサーノイズが乗る(これは他社製品でもよくあること)以外はよくできたもんで、ちょっとバスドラが引っ込むんですがBGMとして流すにはこのくらいがちょうどいいのかなぁなんて思っています。

USB TypeCについてはアナログ出力ではなくDACが載っていてデジタル出力となります。ワイヤレスから一転してまたバスドラが出てきます。この辺もリズムゲームをしやすいようにという考えがあります。

総じて2万円なら及第点、いや優、良、可、不可で言えば優寄りの良あたりになりますね。オウルテックにはあんまりオーディオメーカーという認識はなかったんですが、これで潮目が変わるかなぁと思っています。コンセプトも面白いし、音質もかなりいい。コストパフォーマンスもいい方だと思います。

2万円、躊躇すると思うんですが、一歩踏み出せばとても嬉しい世界が待っています。いかがでしょうか!

中古でいいならアクティブノイズキャンセリングヘッドホンを買うならいまだ

そう「いま」。どうも、ばりっぴです。

WH-1000XM4が発売されてWH-1000XM3が今めっちゃ中古市場でだぶついています

中古でもいいからとりあえず試してみたい向きに結構アリな感じなヘッドホンです。

当時の最強クラスのノイズキャンセル能力を持っていて、物によってはアンダー20K円。

LDAC、AAC、aptX全部入り。是非に。是非に。

イマサラになってRTL-SDRを始める

どうも、1ヶ月1回の更新を目指していたのに先月投稿しなかったばりっぴです。

PCにつながるラジオを買ってました。これは私が買ったあとにプレミア価格になってしまったのでFMラジオのみであればこういうのでもいいです。ただ、後者がFMが90MHzまでしか対応していなくて、いわゆるワイドFM対応ではないです。

などとやってていて、ラジオ熱が高まり、買ったのが以下になります。

RTL-SDR Blog V3 R820T2 RTL2832U 1PPM TCXO HF Bias Tee SMAソフトウェア定義ラジオ、ディポールアンテナキット付き。を買ってみました。

これは何かって言うと、アンテナ(ディポールアンテナってかいてあるけど、日本語的にはダイポールアンテナというのが一般的)と受信機(チューナー)のセットです。

別途ソフトウェアが必要です。例えばSDR#とかHDSDRとか。大体フリーウェアです。あとドングルのドライバーも必要です。

「RTL-SDR 初心者」とかで検索すればいろいろ情報は出てきます。その辺は詳しい人にお任せするとして。

いままでアナログ回路を作ってやってた復調とかをソフトウェアにまかせることで、いろいろなタイプの電波(なじみのあるところだとAM放送とFM放送)を気軽に聞こうじゃないかっていうのがSDRです。

簡便なところでFM放送を受信できたのでまあこれからぼちぼちやっていこうかなと思っています。

毒電波、お待ちしておりまーす(ぉ)。ばりっぴでした。

AKGの製品が激安になってたのでK240 Studioを買ってみました

どうも、所持ヘッドホンが2桁に行きそうな勢いのばりっぴです。

今回は、実売価格が昔を知っていると驚きの実売価格6000円台になっていたAKG K240 Studioを買って聴いてみたのでその話になります。

日本の音楽レコーディング現場等ではソニーのMDR-CD900STがモニターヘッドホンのデファクトスタンダードになっていたりしますが、欧米ではこの記事で扱うK240 Studioが圧倒的なシェアを誇っています。

AKGの製品が昔に比べて圧倒的に安くなった背景には、代理店が変わった、と言うのが一番大きいでしょう。昔はどこだったか忘れましたが現在はヒビノインターナショナルとサウンドハウスが正規代理店になっています。ヒビノインターナショナルの売りは3年保証、サウンドハウスの売りは価格の安さ、と言ったところでしょうか。サウンドハウスは自社ECサイトのみでの販売になりますので、その他店舗、ECサイトで購入する場合は必然的にヒビノインターナショナル取り扱いになります。

ソニーのMDR-CD900STやJVCのHA-MX10が「プロ向け商品のため保証期間はありません」と明言しているのに比べて3年の保証があるというのは大きなアドバンテージと言えるので無いでしょうか。

肝心の音の印象に入っていきましょう。「女性ボーカルを聞くならAKG」とは古事記にも書いていた(?)くらいで女性ボーカルにとても合います。中高域の鳴り方は上品でいてしかもしっかりしています。

大昔にK702を持っていた時期があったのですが、その時は「音が上品すぎる」と思ってあまり自分の感性に合わないと思って手放しちゃったんですけど、年を取って今K240 Studioを聞くと「上品ながらもいいじゃないか」と思えるようになりました。

モニターヘッドホン(特にMDR-CD900ST)にありがちな「聞き疲れ」がほぼ無いのもいいですね。モニターヘッドホンには必須な「細かい音も聞こえる」というのは聞き疲れを起こす原因にもなるのですが、適度な音場の広さにより普段使いにもできるほどの聞き疲れのなさです。

幅広く音楽を聴き、またできるだけ出費を抑えたいといった方にはこれがベストチョイスになるのではないでしょうか。ただ、モニターヘッドホンでフラットな音の出方なのでダンスミュージックのような「ビートやベースを感じたい」向きにはちょっと物足りなく感じてしまうかもしれません。

最後に宣伝をして閉じたいと思います。以上ばりっぴでした。