Amazon Music HDを体験しました

どうも、まさかAmazonがロスレスサブスクに吶喊してくるとは思ってませんでした、ばりっぴです。

mora qualitasがまごついてるなか(今年春には始まってるはずだった)、スッと入り込んできたのがAmazon Music HDです。ロスレス配信としてはDeezerが国内では初プレーヤーとなっていましたが、FLACでもCD音質までで、Windowsアプリストアからも公式アプリがダウンロードできない状況です。Google Playからはダウンロードできるのですが…。

Deezerが月1980円というなか、Amazon Music HDはプライム会員なら月1780円(会員でない場合は月1980円)、さらにストリーミングで聞くことができるハイレゾ音源数が数百万曲ということでこれはDeezerなどを凌駕しています。

まあ、先駆者であるDeezerを使わずにAmazon Music HDを評価するのもどうかと思い、Deezerに登録してみましたが、前述したとおり、Windowsストアアプリがインストールできず、WindowsPCからはWebプレーヤーしか使えず、これだとmp3でしか聴取できないようです。ええ…。

ということで、国内ではもうDeezerは問題外の状況で(ChromecastとかではFLACで聞けるらしいけど)、WindowsだとプレーヤーはAmazon Music HDしかいないという状況です。私の環境のせい(Windows Insiderだから)かしら。

ということで、改めてAmazon Music HDを体験しましたが、HD音源(CD相当の音質)もよいのですが、Ultra HDと銘打っているいわゆるハイレゾ音源のラインナップがエグい。今お金を持っている層がグッとくるラインナップ(パッと見たところで、松任谷由実、井上陽水、尾崎豊)。なかなか分かってるというか、この辺がお金を落としてくれるボリュームゾーンなのね、という感じ。新しい人がないのかといえばそうでもなくて、割と幅広く邦楽がある印象。宇多田ヒカル、あいみょん、SKY-HIなどなど。

まあ、ハイレゾを知っちゃったら戻れないですよね。これ継続かなー。1年先払いだと17800円と少し安くなります。ここもポイント。

あと注意点としてはWindowsの場合はWindowsのサウンドの設定をハイレゾにしておくことですね。そうしないといくら頑張ってもAmazon MusicアプリはCD音源相当の音質までしか再生できません。多分Macも同様に設定してあげないと恩恵に預かることはできないと思います。あとはインターネットの帯域ですね。混んでるとどうしても上手いこと最高の音質を得ることはできません。この辺はアプリ側で決めているようで、設定で変えてみてもダメでした。

ではその辺も鑑みつつ、Amazon Music HDで良きMusic Lifeを!

ACID Pro NEXT Suiteを買いました

何度目かの正直です。ばりっぴです。FL StudioもABLITYも挫折して「もうDTMやんない!!」って思ってましたが、10年くらいの時を経てACID Proがバージョンアップして、さらになんか新しい物が出たらしいとの情報を受け取り、ソースネクストへと旅立ったら8月31日まで77%オフとのことで思わず買ってしまいました。

https://www.sourcenext.com/product/vegas/acidpro-next-suiteから買うことができます。

77%オフの77%の由縁なのかは分かりませんが、これだけのソフトが15000円程度なのははっきり言ってお買い得。ACID Pro、メロダイン、Independenceとかが全部セットになっています。3800円相当のACIDループネタも一つタダになるバウチャーも付いてます。本来なら$599だそうです。日本円にして65k円くらい。欲しくなってきませんか。

ACIDのいいところは楽器が弾けなくても、楽譜が読めなくてもループネタを重ねていけばなんとなく曲になる、そういう所だと思います。これを機に是非DTMにチャレンジしてみませんか。私からは以上です。

AmazonのEcho Show5を買いました

全部プライムデーセールが悪いんです。どうもばりっぴです。

Amazon Echoを4月に買ってスマートスピーカーデビューしたんですが、音も値段の割に良いし、毎朝、毎晩ニュースを聞くだけですけどなんかサイバーな生活だなとなり、画面が欲しいけどEcho Showは欲しいけどでかいし高い、Spotは○液晶でNGとなったところにShow5ですよ。しかもプライムデーセールで出たばっかりなのに5980円という破格値。買わない手はないっしょってことで買いました。

で、やっぱり同じ事を考えてた人はいたようで注文するのが遅くて品切れを起こして、24日まで待って届いて数日使ってみてますが「やっぱり画面付きの方がいい」という結論に。

気になる音質ですけどやはりこの値段、大きさなら合格点。若干ブーミーな気もしますが別にピュアオーディオな製品じゃないし、マスを狙うならこのくらいがちょうどいいんじゃないかなと。音楽聞くならEcho、動画を見るならEcho Show5、といったように使い分けるのも良いのかな。

個人的に気に入ってるのが「超A&G+(AGQR)」が動画でいけるところ。基本ラジオな超A&G+ですが、一部というかだいたいパーソナリティーの様子が見える動画になってます。これがめんどくさくなく見られるのはとてもいいです。

恐らくサイバーマンデーでまた安くなると思うのでその時にでも一個どうでしょうか。

まあ、1万円でもコスパはとてもいいと思ってます。物理的にカメラを隠せるのもいい所だと思います。
ではこのへんで。

MIXTRAXがすごい

MIXTRAXというアプリケーションがあるのを知って、ちょっと試してみているのですが、予想以上にすごくて今試しつつブログを書いています。

どういうソフトかって言うと、DJ風に曲をつなげてくれるプレーヤーソフトです。

まずは曲解析が必要で、私のCore i7 4770で4万曲弱を1日掛けて解析してました。曲解析が終わり、どれどれと再生ボタン押したらもう予想以上にDJプレイで「さすがパイオニアだー」って思いました。

これ、語彙がなくなる。みなさんも是非お試しください。

まーだジョルテ使ってるんですか!?これからはOne Calendarの時代でしょ!?

長いことジョルテを使ってまいりましたが、この度AndroidのカレンダーアプリをOne Calendarに変更しました。なぜかというと、Android版があると分かったからです。

そもそもWindowsストアアプリで出ていたOne Calendarですが、ちょっとバグがあると☆2とか1をつけがちな日本人が軒並み☆4、5という高評価をつけていて「それならば」とWindowsストアアプリをダウンロードしたのが始まり。

  • Windows Live
  • Outlook.com
  • Googleカレンダー
  • Windows Exchange
  • Office 365
  • Facebookの誕生日とかのイベント
  • iCloud
  • Webcal
  • CalDAV

に対応していて、Windows版、Android版で同じエクスペリエンス(iPhone版もあるけどそちらは持ってないので試せない)。特にWindows版だとスタート画面にピン止めするとライブタイルでその日以降の予定が見られるのが素晴らしい。

ジョルテに課金はしなかったが、One Calendarには速攻で課金してしまった。そのくらいWindows8.1以降と相性がいいアプリです。

ジョルテに飽きてきたなーという方は是非。

One Calendar

小ネタ AIRismの扱いを間違えると逆に臭くなる話

AIRism、防臭効果のために買ったんだけどここ数週間、とても臭かった。

なんでだろうと思って「AIRism 寿命」でググったら「柔軟剤を使用すると機能が低下し、戻りません」みたいなことを書いてあるところを見つけて、「これかー」となりました。

逆に雑菌の増殖する環境になっててそれで臭かったらしい。あとは皮脂汚れが残りやすいので漂白剤使うといいとも書いてあった。たしか酸素系漂白剤。塩素系は生地にダメらしい。

昨日ユニクロに寄って、パンツ買って今日新しいの履いていったら臭わない!人権を取り戻した感じになりました。まる。

ラ・フォル・ジュルネ東京2019に行って聞いてきました

 ラ・フォル・ジュルネってなんやねんって人は<a target:”_blank” href=”https://www.lfj.jp/lfj_2019/">こちらを。どうもばりっぴです。
 今年も懲りずにラ・フォル・ジュルネに行ってまいりました。
 今年は4公演。3日に1公演、5日に3公演聴いてきました。公演番号147、342、346、316です。
 今年4公演聴いた中でベストはやはり<a target:”_blank” href=”https://www.eitetsu.net">林英哲さんでしょうか。迫力がとにかくすごい。圧倒されっぱなしの45分でした。<a target:”_blank” href=”https://www.plankton.co.jp/shibusa/jp/index.html">渋さ知らズは演奏ミスったりしててそれが演出ならいいんだけどマジだったらちょっとアレだったなぁと。<a target:”_blank” href=”https://www.michiyoshi-inoue.com">井上道義さんと<a target:”_blank” href=”https://www.njp.or.jp">新日本フィルは安定していたなぁと。トリの<a target:”_blank” href=”https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/artist/detail/art_A002.html">タタルスタン国立交響楽団は、林さんの後だったのでちょっと眠たく感じたが、最後に大盛り上がりを見せた。
 しかし、気づいたが今年知ってる曲一つもなかった。でも楽しめた。生演奏はやはりいつの時代でも偉大だなぁと。
 来年も行こーっと。では。

[小ネタ] コカコーラの自動販売機に持ってた誤解が解けた話

 ども、明日は出勤日のばりっぴです。今日は自動販売機の話をします。
 コカコーラの自動販売機、かざしたICカードを自動判別してくれて便利ですよね。こういうやつ。

<a target:”_blank” title:”DSC_0206” href=”/images/5decae94.jpg”><img class:”pict” hspace:”5” alt:”DSC_0206” border:”0” height:”853” width:”480” src=”/images/5decae94.jpg”/>

 ちょっと反射して私が写ってるのはどうでもいいとして、欠点として「複数の支払い方法を入れたスマホで混乱して結果買えない」という欠点がある、と思ってました。昨日まで。
 昨日、弊社の社長がこのタイプの自販機で飲み物を買うときにこの電子マネーのパネルを押したんです。「えっ」と思って。そしたらマニュアル操作でどの支払い方法にするか選べたんですね。実はこのパネル、ボタンでもあったのです。これUIで損してる。自動判別するけど、せっかく選べるんだからそういうのが直感的に分かるようになって欲しいです。自動判別できるという利点の方を大きく出したくてこうなったんだろうけれども…。このパネルじゃ押せる、と思わない。少なくとも私は。私だけですかねぇ…。